「Redmine入門」Redmineでチケットの関連を登録してみよう【Udemyで学習】

www.youtube.com

このレクチャーでは、チケットの関連を登録します。

幹事長の大川竜也さんでログインした状態で、プロジェクトメニューの「チケット」タブをクリックします。今回は「参加者の人数再確認」タスクが終了しければ「団体旅行保険加入」タスクは開始できなという関連を設定します。まずは先行タスクの「参加者の人数再確認」リンクをクリックします。チケットが表示されたら画面下の「関連するチケット」を確認しましょう。関連するチケットの表示がないこと確認したら「追加」リンクをクリックします。関連の種類のプルダウンで「次にチケットに先行」を選択して、虫眼鏡アイコンの検索ボックスに「団体」と入力します。そうすると部分一致で「団体旅行保険加入」がポップアップされるのでクリックするとチケット番号が入力されます。「参加者の人数再確認」が「団体旅行保険加入」の間が数日欲しい場合、遅延の日数に数字を入力しますが、今回は間の日数は不要なので遅延の日数は入力しません。チケット番号のみの入力で「追加」ボタンをクリックします。関連するチケットのエリアに「次のチケットに先行:タスク 団体旅行保険加入」が表示されました。チケット番号をクリックしてみましょう。「団体旅行保険加入」のチケットが表示され、関連するチケットのエリアに「次のチケットに後続:タスク 参加者の人数再確認」が表示されています。

チケットの関連の登録はガントチャートにも表示されます。プロジェクトメニューの「ガントチャート」クリックして「団体旅行保険加入」チケットを確認してみましょう。ご覧の通り「参加者の人数再確認」チケットから青い矢印が張られ、先行−後続の関係を表しています。「Excelでのタスク管理ストレスその10:タスクの関連表現が難しい」がRedmineでは「簡単です」ということになります。

以上で、チケットの関連の登録が完了です。

★続きはUdemyで★

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」第10章「Redmineで社員旅行プロジェクトの計画を変更する」について【Udemyで学習】

www.youtube.com

第10章「Redmineで社員旅行プロジェクトの計画を変更する」

このセクションのレクチャーの流れについてお話しします。

はじめに、計画変更のメリットをお伝えするための前準備として、チケットの関連を登録します。チケットが関連づけされていると、スケジュール変更で便利な機能をご紹介するためです。準備ができたら、タスクのスケジュールを変更します。

Excelでのタスク管理15のストレスのうち、第10章で解決するストレスは「ストレスその4:後続タスクの日付変更が面倒」「ストレスその10:タスクの関連表現が難しい」です。各レクチャーの中でもストレスの解決をご紹介します。

ではさっそく「チケットの関連の登録」に入ります。一緒に学んでいきましょう。

★続きはUdemyで★

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」Redmineのニュース機能を使って、社員旅行の日程・行き先決定を周知してみよう【Udemyで学習】

www.youtube.com

このレクチャーでは、ニュース機能を使って、社員旅行の日程・行き先決定を周知します。

幹事長の大川竜也さんでログインした状態で、研修開発部社員旅行プロジェクトメニューの「ニュース」タブをクリックします。まだニュースは一つもない状態なので「表示するデータがありません」と表示されています。「ニュースを追加」リンクをクリックしましょう。ニュースの入力画面が表示されます。タイトルに「社員旅行の日程・行き先が決定しました」と入力します。サマリーは任意入力なので今回は入力しません。説明に「h1. 日程(改行)12/14(金)〜15(土)(改行)h1. 場所(改行)鬼怒川温泉」と入力し「作成」ボタンをクリックします。入力した「h1.」はRedmineWikiで使用するTextileというルールに基づいた記述方法で、HTMLのH1タグに相当し、大きな文字の見出しとして表示されます。WikiのTextile記法については、次のレクチャーのリソースとして登録しましたので、ご確認をお願いします。

これで社員旅行プロジェクトのメンバー全員にニュースが配信されました。

幹事会のメンバーだけではなく参加者にも配信されています。「八木橋いずみ」さんのメールを見てみましょう。「八木橋いずみ」さんのメールアドレスは「」です。ご覧のメールが八木橋さんに配信されています。Redmineでログインしていない状態で、メールの「社員旅行の日程・行き先が決定しました」リンクをクリックしてみましょう。ログインが求められるのでログインID「yagihashi」パスワード「yagihashiizumi」でログインします。トップページが表示され、右側に最新ニュースとして表示されています。クリックしてみましょう。先ほど大川幹事長が入力した内容が表示されました。

このように、プロジェクト全員に配信型(プッシュ型)で何かを連絡したいとき、ニュース機能を使用すると簡単に伝えることができます。

以上で、ニュース機能を使った、社員旅行の日程・行き先決定を周知が完了です。

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」第9章「社員旅行プロジェクトでRedmineの情報共有機能を利用する」について【Udemyで学習】

www.youtube.com

第9章「社員旅行プロジェクトでRedmineの情報共有機能を利用する

このセクションのレクチャーの流れについてお話しします。

まずは、Redmineのニュース機能を使って、社員旅行の日程・行き先決定を周知します。次にRedmineWiki機能を使って、社員旅行の「旅のしおり」を作ります。

ではさっそく「ニュース機能を使った社員旅行の日程・行き先決定の周知」に入ります。一緒に学んでいきましょう。

★続きはUdemyで★

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」Redmineの「ガントチャート」で予定と進捗を把握してみよう【Udemyで学習】

www.youtube.com

このレクチャーでは、Redmineの「ガントチャート」画面でプロジェクトの予定と進捗を把握してみます。

ガントチャートはプロジェクトの作業計画を視覚的に表現したものです。プロジェクトの画面で「ガントチャート」タブをクリックしてみましょう。ご覧の通りのガントチャートが表示されています。Redmineはチケットの開始日・期日・進捗率を元にこのようなガントチャートを手間をかけずに自動で作成してくれます。「Excelでのタスク管理ストレスその14:転記が面倒」が解決です。

表示されている情報を説明します。まず左にはバージョン別にグルーピングされたチケットの題名が表示されています。そして右側のカレンダー部分には、チケットの開始日と期日を結んだ横長の棒が表示されています。進捗率が0%を超過するチケットは進捗率分、緑色に塗られています。例えば60%であれば横長の棒の60%が緑色で塗られるというわけです。

オプションを表示して「イナズマ線」のチェックボックスをチェックすると、横長の棒の進捗率を結んだ赤い線が表示されます。これはイナズマ線と呼ばれるもので、本日を示す縦の点線よりも左側に突き出ている場合は「計画より遅れ」を、右側に突き出している場合は「計画より前倒し」を意味します。

横長の棒にマウスカーソルを重ねるとチケットの詳細がポップアップします。左のチケットの題名だけではわからない担当者やステータスを確認することができます。

以上で、Redmineの「ガントチャート」画面でプロジェクトの予定と進捗を把握するが完了です。

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」Redmineの「活動」画面でプロジェクトの動きを把握してみよう【Udemyで学習】

www.youtube.com

このレクチャーでは、「活動」画面でプロジェクトの動きを把握してみます。

活動画面ではプロジェクトメンバーの行動が把握できます。活動画面を見ることでチーム全体そしてメンバーの動きがわかります。

はじめにチーム全体の活動画面を確認してみましょう。ナビゲーションバーの「プロジェクト」リンクをクリックして、表示された「研究開発部社員旅行」リンクをクリックします。それから「活動」タブをクリックします。前のコースで新居登さんがステータスを解決に変更したことや注記に「第一候補の「清流ホテル」は満室だったので、第二候補の「せせらぎホテル」を仮抑えしました。」と記載したことがこの活動画面でもわかります。

次にメンバーの活動状況を見てみましょう。「概要」タブをクリックします。概要ページの右側にプロジェクトのメンバー一覧が表示されているので、幹事長の「大川竜也」さんを選択してみましょう。ユーザのプロフェール画面が表示され右側に活動状況が表示されています。大川幹事長はタスクチケットを新規で作成していることがわかります。では「大内遥幹事」の活動状況も確認してみましょう。もういちどナビゲーションバーの「プロジェクト」リンクをクリックして、表示された「研究開発部社員旅行」リンクをクリックします。メンバーから大内遥リンクをクリックします。大内さんのプロフィール画面では「旅のしおり作成」と「代金支払い」のタスクを活動していることがわかります。

このようにして活動画面によってチーム全体そしてメンバーの動きを把握することができます。

以上で、Redmineの「活動」画面でプロジェクトの動きを把握するが完了です。

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」第8章「Redmineの社員旅行プロジェクトでプロジェクト状況を把握する」について【Udemyで学習】

www.youtube.com

第8章「Redmineの社員旅行プロジェクトでプロジェクト状況を把握する」

このセクションのレクチャーの流れについてお話しします。

このセクションはプロジェクトの「企画・手配・詳細決定」フェーズの終盤、11月26日に実施された幹事会ミーティングを想定しています。10月25日のタスク登録から11月26日までのタスクの状況変化、すなわち進捗状況について、このレクチャーに資料を登録しました。ご確認ください。私の環境ではすでにその資料の通りにチケットを更新しています。幹事会の中で、まずは「活動」画面でプロジェクトの動きを把握し、次に「ガントチャート」で予定と進捗を把握します。それから「カレンダー」画面で予定を確認し、ロードマップ画面でマイルストーンごとのタスクと進捗状況を確認します。最後に「作業時間」画面で作業時間の集計を確認します。

なお、Excelでのタスク管理15のストレスのうち、第8章で解決するストレスは「ストレスその12:進捗の俯瞰が困難」「ストレスその14:転記が面倒」です。各レクチャーの中でもストレスの解決をご紹介します。

ではさっそく「活動画面の確認」に入ります。一緒に学んでいきましょう。

★続きはUdemyで★

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/