「Redmine入門」Redmineの「ガントチャート」で予定と進捗を把握してみよう【Udemyで学習】

www.youtube.com

このレクチャーでは、Redmineの「ガントチャート」画面でプロジェクトの予定と進捗を把握してみます。

ガントチャートはプロジェクトの作業計画を視覚的に表現したものです。プロジェクトの画面で「ガントチャート」タブをクリックしてみましょう。ご覧の通りのガントチャートが表示されています。Redmineはチケットの開始日・期日・進捗率を元にこのようなガントチャートを手間をかけずに自動で作成してくれます。「Excelでのタスク管理ストレスその14:転記が面倒」が解決です。

表示されている情報を説明します。まず左にはバージョン別にグルーピングされたチケットの題名が表示されています。そして右側のカレンダー部分には、チケットの開始日と期日を結んだ横長の棒が表示されています。進捗率が0%を超過するチケットは進捗率分、緑色に塗られています。例えば60%であれば横長の棒の60%が緑色で塗られるというわけです。

オプションを表示して「イナズマ線」のチェックボックスをチェックすると、横長の棒の進捗率を結んだ赤い線が表示されます。これはイナズマ線と呼ばれるもので、本日を示す縦の点線よりも左側に突き出ている場合は「計画より遅れ」を、右側に突き出している場合は「計画より前倒し」を意味します。

横長の棒にマウスカーソルを重ねるとチケットの詳細がポップアップします。左のチケットの題名だけではわからない担当者やステータスを確認することができます。

以上で、Redmineの「ガントチャート」画面でプロジェクトの予定と進捗を把握するが完了です。

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」Redmineの「活動」画面でプロジェクトの動きを把握してみよう【Udemyで学習】

www.youtube.com

このレクチャーでは、「活動」画面でプロジェクトの動きを把握してみます。

活動画面ではプロジェクトメンバーの行動が把握できます。活動画面を見ることでチーム全体そしてメンバーの動きがわかります。

はじめにチーム全体の活動画面を確認してみましょう。ナビゲーションバーの「プロジェクト」リンクをクリックして、表示された「研究開発部社員旅行」リンクをクリックします。それから「活動」タブをクリックします。前のコースで新居登さんがステータスを解決に変更したことや注記に「第一候補の「清流ホテル」は満室だったので、第二候補の「せせらぎホテル」を仮抑えしました。」と記載したことがこの活動画面でもわかります。

次にメンバーの活動状況を見てみましょう。「概要」タブをクリックします。概要ページの右側にプロジェクトのメンバー一覧が表示されているので、幹事長の「大川竜也」さんを選択してみましょう。ユーザのプロフェール画面が表示され右側に活動状況が表示されています。大川幹事長はタスクチケットを新規で作成していることがわかります。では「大内遥幹事」の活動状況も確認してみましょう。もういちどナビゲーションバーの「プロジェクト」リンクをクリックして、表示された「研究開発部社員旅行」リンクをクリックします。メンバーから大内遥リンクをクリックします。大内さんのプロフィール画面では「旅のしおり作成」と「代金支払い」のタスクを活動していることがわかります。

このようにして活動画面によってチーム全体そしてメンバーの動きを把握することができます。

以上で、Redmineの「活動」画面でプロジェクトの動きを把握するが完了です。

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」第8章「Redmineの社員旅行プロジェクトでプロジェクト状況を把握する」について【Udemyで学習】

www.youtube.com

第8章「Redmineの社員旅行プロジェクトでプロジェクト状況を把握する」

このセクションのレクチャーの流れについてお話しします。

このセクションはプロジェクトの「企画・手配・詳細決定」フェーズの終盤、11月26日に実施された幹事会ミーティングを想定しています。10月25日のタスク登録から11月26日までのタスクの状況変化、すなわち進捗状況について、このレクチャーに資料を登録しました。ご確認ください。私の環境ではすでにその資料の通りにチケットを更新しています。幹事会の中で、まずは「活動」画面でプロジェクトの動きを把握し、次に「ガントチャート」で予定と進捗を把握します。それから「カレンダー」画面で予定を確認し、ロードマップ画面でマイルストーンごとのタスクと進捗状況を確認します。最後に「作業時間」画面で作業時間の集計を確認します。

なお、Excelでのタスク管理15のストレスのうち、第8章で解決するストレスは「ストレスその12:進捗の俯瞰が困難」「ストレスその14:転記が面倒」です。各レクチャーの中でもストレスの解決をご紹介します。

ではさっそく「活動画面の確認」に入ります。一緒に学んでいきましょう。

★続きはUdemyで★

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」Redmineでタスクを担当者にアサインしてみよう【Udemyで学習】

www.youtube.com

このレクチャーでは、タスクチケットに担当者をアサインします。

ひとつひとつのタスク・チケットを編集して担当者を設定することも可能ですが、ここでは複数のタスク・チケットを一括して担当者を設定する方法をご紹介します。また、前のレクチャーで、CSVファイルでのチケットインポートを行なった段階でインポートしたチケットには既に担当者が設定されています。これからお話した操作で、同一の担当者で上書きすることになりますが、練習してみましょう。

「チケット」タブをクリックしてチケットの一覧画面を開きます。「旅程・観光の計画」の行の先頭にチェックします。同様に「宴会の企画」「席順・部屋割り作成」にチェックをします。三つのチケットが選択されている行の上で右クリックしてコンテキストメニューを表示します。コンテキストメニューの「担当者」から「新居登」をクリックします。画面上部に「更新しました。」が表示され三つのチケットの担当者列に「新居登」が表示されています。

以上で、タスクチケットへの担当者アサインの説明が完了です。

★続きはUdemyで★

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」Redmineで実施すべきタスクを登録してみよう【Udemyで学習】

www.youtube.com

このレクチャーでは、Redmineにタスクを登録します。

社員旅行プロジェクトでタスクの登録をするのは幹事長です。幹事長の大川竜也さんでログインしましょう。ログイン画面でログインID「okawa」パスワード「okawaryuya」を入力しログインします。

ナビゲーションバーの「プロジェクト」リンクをクリックします。前のセクションで作成した「研究開発部社員旅行」プロジェクトのリンクが表示されているのでクリックします。プロジェクトの概要ページが表示されました。タスクはチケットとして登録します。「チケット」タブをクリックしましょう。チケット一覧画面が表示されました。チケットはまだ登録していないので「表示するデータがありません」が表示されています。

それでは、一つ目のタスクをチケットとして登録してみましょう。登録するタスクの一覧はこのレクチャーにリソースとして登録しましたので確認をお願いします。「新しいチケット」リンクをクリックします。新しいチケットの入力画面が表示されました。

一番上にチケットの大分類であるトラッカーを選択するプルダウンが表示されていますが、選択肢は「タスク」のみなので、このままとします。選択肢が一つなのは、前のセクションでトラッカーを「タスク」のみに設定したためです。

題名に「旅程・観光の計画」と入力し、対象バージョンは「企画・手配・詳細決定」を選択します。開始日はカレンダーのアイコンをクリックし、10月30日を選択します。期日もカレンダーのアイコンをクリックし、11月02日を選択します。「旅行代理店関連タスクか?」は「はい」を選択します。「予定工数」には「5」時間を入力します。その他の項目はデフォルトのままで問題ありません。「作成」ボタンをクリックしましょう。「チケット #1 が作成されました。」が表示され、作成されたチケットの内容が表示されています。「チケット」タブをクリックしてみましょう。チケットの一覧画面に作成した「旅程・観光の計画」タスクのチケットが一件表示されています。

残りのタスクチケット29件については、本来であれば同様の手順で、ひとつひとつ入力していくのですが、このレクチャーでは、CSVファイルのインポートで登録したいと思います。CSVファイルは1行1チケットのテキストファイルです。このレクチャーのリソースとして登録しましたので、ご確認をお願いします。

チケット一覧の右側の「インポート」リンクをクリックします。インポートするファイルを選択する画面が表示されるので、「ファイルを選択」ボタンをクリックして、表示されるファイル選択ダイアログでCSVファイルを選択します。私の場合はデスクトップに置いた「タスクインポート用.csv」ファイルを選択しました。「選択」をクリックし、そして「次」ボタンをクリックします。インポートのオプション画面が表示されます。ファイルのエンコーディングを「UTF-8」に変更します。その他の項目はデフォルトのままで問題ありません。「次」をクリックします。「フィールドの対応関係」画面が表示されました。CSVファイルの項目とRedmineのチケットの項目の紐付けを行います。「トラッカー」プルダウンは「タスク」を選択します。「ステータス」プルダウンは「ステータス」を選択します。「題名」プルダウンは「題名」を選択します。「優先度」プルダウンは「優先度」を選択します。「担当者」プルダウンは「担当者」を選択します。「対象バージョン」プルダウンは「対象バージョン」を選択します。「旅行代理店関連タスクか?」プルダウンは「旅行代理店関連タスクか?」を選択します。「開始日」プルダウンは「開始日」を選択します。「期日」プルダウンは「期日」を選択します。「予定工数」プルダウンは「予定工数」を選択します。その他の項目はデフォルトのままで問題ありません。画面を下にスクロールして「インポート」をクリックします。プログレスバーが表示され、その後「28件のデータを全てインポートしました」が表示されました。

もう一度「チケット」タブをクリックします。ご覧の画面が、残り28件のタスクチケットをインポートで登録した後のチケットの一覧画面です。壮観ですね。ご理解いただけたと思いますが、タスクのチケットを登録することで、一覧画面にも自動でタスクが追加されます。一覧画面はいろいろな条件で並び替えたり、表示項目や抽出条件を変更したりできます。チケットにはチケットを一意に識別するチケットIDがあり、Redmineはチケットを登録した順番で連番を付与しますが、一覧画面で、その連番は意味をなしません。そのことにより「Excelでのタスク管理ストレスその8:途中挿入で連番どうする」の悩みとは無縁ということになります。

以上で、タスクの登録が完了です。次のレクチャーでは、タスクの担当者アサイン方法を学習します。

★続きはUdemyで★

https://www.udemy.com/redmine_for_beginners/

「Redmine入門」第7章「社員旅行プロジェクトでRedmineのチケットを登録して更新する」について【Udemyで学習】

www.youtube.com

第7章「社員旅行プロジェクトでRedmineのチケットを登録して更新する」

このセクションのレクチャーの流れについてお話しします。

まず、幹事長でログインして実施すべきタスクを登録します。次に登録したタスクに担当者をアサインします。次にアサインされた幹事メンバーでログインして自分がやるべきタスクを確認します。ここまでがプロジェクト発足日の10月25日を想定しています。それから、11月1日を想定してタスクの進み具合や作業状況を入力してみます。最後にRedmineで作業工数を記録してみます。作業工数の記録は11月2日を想定します。

なお、Excelでのタスク管理15のストレスのうち、第7章で解決するストレスは「ストレスその1:更新者が不明」「ストレスその2:同時書き込みが不可」「ストレスその3:アサイン通知が面倒」「ストレスその5:セルの長文表示が不可」「ストレスその6:担当者変更連絡が面倒」「ストレスその7:原本ファイルが不明」「ストレスその8:途中挿入で連番どうする」「ストレスその11:ステータス変更者が不明」「ストレスその13:購入が高価」「ストレスその15:リマインド通知してくれない」です。各レクチャーの中でもストレスの解決をご紹介します。

また、このセッションのPC操作は、10月25日、11月1日、11月2日の操作を想定しています。Windows環境の日付を修正して操作していますので、ご了解願います。

ではさっそく「チケットの登録」のレクチャーに入ります。一緒に学んでいきましょう。

★続きはUdemyで★

www.udemy.com

「Redmine入門」Redmineで「プロジェクト」を作成してみよう【Udemyで学習】

www.youtube.com

次にプロジェクトを作成します。

プロジェクトを作成するのは幹事長なので、大川竜也さんでログインします。システム管理者adminでログインしている場合は、右上のログアウトからログアウトします。ログインリンクをクリックし、ログインIDにokawa、パスワードにokawaryuyaと入力してログインボタンをクリックします。右上のログイン中にokawaと表示され、大川竜也さんでログインしていることがわかります。

まずは、ナビゲーションバーの管理リンクをクリックし、それからプロジェクトリンクをクリックします。「表示するデータがありません」が表示され、まだプロジェクトが一つも作成させていないことがわかります。「新しいプロジェクト」をクリックします。そうするとプロジェクト情報の入力画面が表示されるので、名称に「研究開発部社員旅行」説明に「今年の研究開発部社員旅行を成功させるためのプロジェクトです。」識別子に「randd_travel」と入力します。識別子はプロジェクトを一意に特定するための識別子です。URLの一部などで使用されます。英小文字や数字、アンダーラインやハイフンのみ使用可能です。後で変更できないので気をつけて設定しょう。

それからモジュールからリポジトリのチェックをはずします。リポジトリはプログラムのソースコードなどを変更履歴とともに管理する場所です。社員旅行プロジェクトでは使用しないので外しておきましょう。

その下のトラッカーとはチケット大分類です。社員旅行プロジェクトのためのトラッカーは後で作成するため、ここでは全てのチェックをはずします。

作成ボタンをクリックします。「作成しました」が表示されたことで、プロジェクト作成の成功が確認できます。

以上で、プロジェクトの作成が終了です。

★続きはUdemyで★

www.udemy.com